FC2ブログ
ホタル 2019-2
ホタル2019-8
 ホタルの里周辺が暗くなりゲンジボタルが飛び始めるのは午後7時半過ぎから午後8時頃。
1時間くらい待っている人がけっこういます。ホタルの見頃は午後9時過ぎなのですが・・・。
  
ホタル2019-5
 6月1日からの鑑賞会の前半は気象の影響かホタルの数は少なめでしたが、後半から増加。

ホタル2019-6
 雨が上がりでホタルのオスが高く飛んでいました。

ホタル2019-7
 いつもは橋の上から白沢川の縦方向に、数が多く見えるように撮っていましたが、
今回は白沢川に沿った方向で撮りました。近すぎてピントが合っていません。

 昨年は十日間の鑑賞会でしたが、今年は九日間。
一日当たりの人出は、ほぼ同じ人数でした。(平均5百人以上)

小幡緑地界隈 | 07:04:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
ホタル 2019
ホタル2019-1
 小幡緑地のホタル鑑賞会を6月1日(土)から始めています。
ただし、今のところ、ゲンジボタルの飛翔は少なめ。

ホタル2019-2
 5月下旬の、連日の30℃越えが悪影響を及ぼしているのかも。
湿気も少なめですし・・・。

ホタル2019-3
 特徴的な円形の施設を背景にして撮ってみました。
小幡緑地ホタルの里でしか撮れない光景です。

ホタル2019-4
 ちょと離れた児童園ではホタルブクロが咲いていました。
ホタルの里にも植えてみようかな?

 ホタル観賞会は6月9日(日)まで行います。

小幡緑地界隈 | 18:29:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
マルバヤナギの綿毛
マルバヤナギ1
 小幡緑地公園から少し離れたところで何かの綿毛がたくさん飛んでいます。
この時期に飛んでいるのは何なのか、詳しい人に伺ったら、マルバヤナギとのこと。

マルバヤナギ2
 小幡緑地の竜巻池や見返り池などで生育しています。

マルバヤナギ3
 これだけ飛んでいると、公園外にも生息域を広げていきそうです。

小幡緑地界隈 | 18:44:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
マメナシの花 2019
 守山区内のマメナシ自生地というと御膳洞蛭池と小幡緑地本園が有名ですが、
その他の地区のマメナシも見てきました。花の咲く時期でないと分かりにくいです。

マメナシ2019-4
 今回は下志段味の風越池(8本)から南西へ向かい、国立病院機構東尾張病院(4本)へ。
その南西県有林近辺(7本)を経て小幡緑地東園で休憩(6本)。
 吉長南・北公園に生育しているのは高速道路工事の際の移植木のようです。

マメナシ2019-5
 雌しべ(柱頭)の数は2本から3本で、園芸種との交雑はしていない様子でした。
花粉の色も特徴的なエビ茶色なので、接近すればオオシマザクラと区別できます。
 定期的な保全作業はしていないため、実生や幼樹はほとんど見当たりませんでした。

マメナシ2019-1
 小幡緑地本園に戻って、守山スポーツセンター東側の「シンボルツリー」。

マメナシ2019-2
 こちらは竜巻池の北西角、舗装路の脇にあるマメナシです。

マメナシ2019-3
 緑ヶ池のえん堤にあるマメナシはソメイヨシノと競演していました。


小幡緑地界隈 | 11:28:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
ホタル放流会2019
 小幡緑地ホタルの里で、ゲンジボタルの幼虫とカワニナの放流会を行いました。
2019ホタル放流会2
 濾過砂利の中からホタルの幼虫とカワニナを選び出す作業が、けっこう人気です。
付き添いの大人は少し離れて見ていました・・・。

2019ホタル放流会1
 2月23日にはホタルの里に面した白沢川の本流で放流。
小さな子がカワニナを手づかみで投げていました。

2019ホタル放流会3
 3月23日には本流ではなく支流で放流。
幼虫は手で触ると体温差でやけど状態になるため、コップにいれて運び、ゆっくり放流しました。

 4月の中旬の小雨模様の夜、(えら呼吸のため湿気の多い日)
蛹になるために上陸してきます。だから土手周辺は立入禁止です。

 5月の下旬には羽化して飛翔すると思われます。そして、6月1日から9日まで
小幡緑地の駐車場の利用を午後9時30分まで延長して、ホタル観賞会を行います。

 ただし、土曜日の夜は大混雑するので、ガイドウェイバスの利用がお勧めです。

小幡緑地界隈 | 07:59:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ