FC2ブログ
 
■プロフィール

kinorin10000u

Author:kinorin10000u
愛知県名古屋市守山区在住。
午年生まれです。
スタンプ・クイズラリーが好き。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

5月の白い花
 新型コロナウィルスの感染予防のため家にこもっていた。というわけではありません。
5月の上旬の時期、他の用事の合間に小幡緑地周辺で見かけた白い花を並べておきます。

 ウツギ、ギンラン、スイカズラ、タツナミソウ、テイカカズラ、ハリエンジュ、ハルジオン
フランスギク?とヒメウラナミジャノメ、ミズキ?、ムシトリスミレ、ヤマボウシ、
そしてタンポポの綿毛は花じゃなくて実ですが・・・。

ウツギ
ギンラン
スイカズラ
タツナミソウ
テイカカズラ
ハリエンジュ
ハルジオンとヒメウラナミジャノメ
フランスギクとヒメウラナミジャノメ
ミズキ?
ムシトリスミレ
ヤマボウシ
ワタゲ

ギンランとムシトリスミレはちょっと貴重なので、見つけてもいじらないようにお願いします。
 

小幡緑地界隈 | 10:45:50 | トラックバック(0) | コメント(3)
小幡緑地の白い花 2020
 小幡緑地では今、白い花がたくさん咲いているので、撮ってみました。

小幡緑地 白 マメナシ
 緑ヶ池堰堤のマメナシ。サクラと比べると地味なためか素通りする人が多いのが残念。

小幡緑地 白 カラタチ
 緑ヶ池の南側の遊歩道を東に進むと、昔のボート乗り場近くでカラタチの花が咲いています。
アゲハが卵を産みに来てくれるのが楽しみです。今年は幼虫の姿を見られるかな?

 小幡緑地 白 シャガ
 緑ヶ池東側をゴルフ場近くまで上り、御花弘法の駐車場につくと、シャガの群落があります。
きのりんは近所の方のシャガを分けていただいきましたが、日照や用土など難しそうです。

小幡緑地 白 ミヤマガマズミ
 御花弘法の駐車場から森の館方面へ舗装路を西へ降りていく途中、
ミヤマガマズミが満開状態です。秋になったら味見をしなくては・・。

小幡緑地 白 ザイフリボク
 竜巻池の南、せせらぎ湿地には、ザイフリボクがあります。
今年はなぜか、花の勢いが弱いようで、数が少なく小さめです。

小幡緑地 白 ハルリンドウ
 ザイフリボクの根本付近にはハルリンドウが大進出。白いものも多くなってきました。
ちなみにハルリンドウは1年草なので、持って帰っても翌年に芽を出すことはありません。

小幡緑地 白 トンボ池の花筏
 せせらぎ湿地内のトンボ池にはサクラの花びらが集まり、花筏を作っていました。
花びらの下を泳ぐカダヤシは100年ほど前に日本に持ち込まれた侵略的外来種ですが、
ヤゴの餌になってくれていると思います。

 4月11日の観察会は中止となりましたが、5月9日も、おそらく中止。
小幡緑地の春から初夏の移ろいは、個人個人でお楽しみください。

小幡緑地界隈 | 09:51:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
今年のホタルは?
ホタル放流2020-1
 小幡緑地本園のサクラがけっこう咲いてきた3月28日に、
ホタルの幼虫と、餌となる巻貝のカワニナを放流する活動を行いました。

ホタル放流2020-2
 この子たちは、まるで金魚すくいのようにしながら、
ホタルの幼虫をスプーンですくってコップに入れていました。

ホタル放流2020-3
 白沢川に降りて、ホタルとカワニナの入ってコップを水に浸しながら放流。

ホタル放流2020-4
 この子は両手で次々に放流していました。

ホタル放流2020-5
 放流箇所が上流に移動するとともに、子どもたちの長靴は、水没続出でした。

 今月の中旬には、ホタルの幼虫は上陸して土の中でサナギになるハズ。
今月の下旬に遮光ネットを張って土手への立ち入りは禁止します。

 5月の下旬から6月の初めにかけてホタルが羽化して飛び始めると思いますが・・・。

 ホタルの鑑賞会のときの来園者の密集具合を考えると、
今年は鑑賞会は中止となる可能性が大です。

 ちなみに、4月11日の自然観察会や12日の水生園の観察会は取止め。
8日の湿地保全は行います。

小幡緑地界隈 | 18:12:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
せせらぎ湿地 2020年春1
トンボ池の保全3
 小幡緑地公園せせらぎ湿地のトンボ池。
アオコの発生を軽減するために水の流れを変える作業を行っています。
 コンデジのパノラマ機能を使ってみましたが、つなぎ目がうまくできているのか?
GIMPでつなぎ合わせるよりは楽ちんであることは確かです。

せせらぎの」ハルリンドウ2020-1
 で、3月11日の保全の日に、ハルリンドウが5輪、咲いていました。
5輪とも撮ったつもりでしたが、ピンボケを大量生産してしまいました。
 次回の保全日には集団で咲いているだろうと、期待しています。

小幡緑地界隈 | 07:23:27 | トラックバック(0) | コメント(1)
春待ち鳥
 小幡緑地本園の駐車場東側にある、絶滅危惧種で推定樹齢150年以上のマメナシ。
直径1.5cmくらいのマメナシの実を食べている鳥がいました。
マメナシ―メジロ
 2年前の2月に緑ヶ池南池畔のマメナシの実をヒヨドリが食べているのを見ましたが、
メジロも食べるとは思っていませんでした。この時期の実は甘味があるのでしょうか?

「食べる」といえば、キンクロハジロも潜水を繰り返していました。
キンクロハジロ2020
 ときどき潜水して植物性のものを摂るホシハジロとは異なり、キンクロハジロは雑食性。
小魚の類も食べているようです。

 一方、元気なキンクロハジロから少し離れた池畔では・・・。
コガモ春眠
 3mくらいに近づいても眠り続けていたコガモ。 藻や水草をたらふく食べた後のようです。
春眠、暁を覚えず。と言いますが、時刻は正午過ぎ。
 あまりに無防備ではないかと、心配になりました。

小幡緑地界隈 | 06:28:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ