FC2ブログ
森林公園の春
イノシシの掘跡
 イノシシが掘り返した跡があちらこちらに見られる森林公園植物園に行ってきました。

フキノトウ
 展示館近くのフキノトウにアブが来ていました。

ユキワリソウ
 山野草園ではフクジュソウやセツブンソウも咲いていましたが、これはユキワリソウ。

ウグイスカグラ
 ウグイスカグラの雌しべの長さは雄しべの成熟と関係しているのかどうか、よく分かりません。

ヒイラギナンテン
 ヒイラギナンテンの雌しべの元を刺激すると・・ 雄しべが雌しべ側に倒れてくっつきました。

ハコベ
 「なるほど森歩き」で出された問題の一つが、「ハコベの花びらは何枚?」
道端で見かけたら、裏返して数えてみてください。

植樹祭会場準備
 6月2日に新天皇・皇后両陛下をお迎えして行われる第70回全国植樹祭の会場設営中。
中央ステージの屋根は唐破風に似た形のようです。

歳時記(春) | 06:09:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
ハルリンドウ
ハルリンドウ1
 小幡緑地にある湿地の木道を補修する準備をしていたら、ハルリンドウが咲いていました。

ハルリンドウ2
 たくさんあるはずのハルリンドウの冬越しの葉(ロゼッタ)が、この株しか見当たりません。
ちょっと心配です。

歳時記(春) | 06:43:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
ウメとメジロ
ウメとメジロ1
 きのりん家の庭にある遅咲きのウメですが、このところの暖さで短期間に満開状態。

ウメとメジロ2
 野鳥の方の準備が出来ていないようですが、メジロのつがい?が一組だけ来訪。

ウメとメジロ3
 窓+ベランダの格子越しなので撮りにくいですが、向うは気づいていない?

ウメとメジロ4
 さすがに気づいて飛び立つ寸前。
 実の成り具合に影響するので、野鳥がもっとたくさん来てほしいところです。

歳時記(春) | 07:15:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
マンサクの花
リトルワールド マンサク1
 年間パスポートの更新でリトルワールドへ行ったら、マンサクの花が咲いていました。
錦糸玉子のようで美味しそうに見えますが、食用にはなりません。

リトルワールド マンサク2
 園内の北側、韓国エリアからタイエリアに向かう途中に生育しています。

リトルワールド マンサク3
 後方は、オープン一週間前のタイエリア。まだフェンスで囲まれていました。

歳時記(春) | 08:03:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
春が飛んできた
 今年の春は、クシャミやカユミではなく、鼻水ダラダラから始まりました。
春1
 春と言えば道端の小さな花を連想します。1月から咲いてはいますが、もうすぐ最盛期。

春2
 葉の形が、仏さまが座っている台座に似ている?「ホトケノザ」は、シソ科オドリコソウ属。
別名が三階草だそうなので横から撮ってみましたが・・・、まだ建前中?
 春の七草の「仏の座」はキク科のコオニタビラコで別物。そちらの命名は循環して一興。
 
春3
 瑠璃唐草や天人唐草、星の瞳という別名も、他の花と重なったり漫画の題名だったりします。
その名の通りの果実をもつ「イヌノフグリ」に似た大きな花だから、オオイヌノフグリ・・・。
 でも果実の方は名前と異なる形で大きさも控えめです。

春4
 近所の池の斜面に、もうカラスノエンドウが花を咲かせていました。
湯がいたり天ぷらにしたりして食べるのなら今の内かな。
 正式には「ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)」。矢羽の先の弓の弦を挟む場所が矢筈(やはず)。
葉の先に細く飛び出ている形が似ている。と主張されれば否定はしません。
 そうすると、「ヤハズソウ」は、「ヤバネソウ」と呼びたい気持ちになってきました。

歳時記(春) | 06:07:47 | トラックバック(0) | コメント(0)