FC2ブログ
常神半島
常神(つねかみ)半島は福井県にある三方五湖の北側に位置し、若狭湾に突き出ています。
「TO-BE planning」さんのHPで、半島の先端近くにカヤックで入れる洞窟があることを知りました。
常神ルート1
2008年6月28日に訪れたときには神子(かみこ)トンネルは工事中で、海岸沿いを迂回。
ガードレールの上に猿が座っていましたが、トラブルはありませんでした。
遊子(ゆうし)や小川ではなく、神子(かみこ)海水浴場の「大観」さんの駐車場から出艇しました。
青実線が往路、青点線が復路の漕行ルートです。

常神1
神子崎を越えると、半島と御神島(おんかみじま)の間に、目的地の小さな島が見えました。
前日の雨で少し濁っていますが、島の近くでクラゲが何匹か漂っていました。

常神2
 この日の潮位はやや高めのため、向う側の出入り口はくぐり抜けられません。
また、到着が午後1時だったのと曇り模様で、光線の具合は不良。それでも綺麗でした。
晴れた日の午前中に再訪したいものです。(民宿旅館がたくさんあります)

常神3
復路は半島沿いにロックガーデン巡りをしながら神子の「大観」さん前の浜に戻りました。
途中の小さな砂浜に鹿らしき獣の骨があり、自然の中にお邪魔している感じがしました。
本来は透明度がかなり高い海域なので、シュノーケリングと抱き合わせで楽しみたいところです。

カヤック | 17:41:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
木曽川、立田大橋
立田大橋1
 下流域のごく一部だけれども揖斐川、長良川と漕いだので、次は木曽川。
でも阿木川ダム湖のように、なるべく流れが緩やかな場所を。ということで
木曽三川公園の東海広場にいったのが2007年の12月1日。
 ここは駐車場の横がワンドになっていて出艇し易いように思えました。
 (実際には階段に泥が堆積して滑るので要注意)
立田大橋2
 ここに着く前には当然?立田町の道の駅で「レンコンコロッケ」を賞味。
 出艇した後は展望タワーが見える範囲で立田大橋近辺をうろうろしていました。
 下側の写真は逆光なので夕暮れっぽく見えますが、午後3時ごろだったかな。

冬の光物語2007
 カヤックを片付けた後、木曾三川公園のイルミネーション「冬の光物語」を見に行きました。
 ここは何といっても入場無料なのにクオリティが高いのが嬉しいです。
 ちょっと遠くて、高速道路を使うと料金がかかることが難点ですが・・・。

カヤック | 07:58:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
阿木川ダム湖
 湖なら出艇地点に戻るのが簡単かと思いインターネットで検索していたら、
阿木川ダム湖でフリースタイルカヤックを楽しんでいる方のHPがありました。

阿木川ダム湖1
 中央自動車道の恵那ICから約6.5km。国道19号線 ― 国道267号と進み、
ヘアピンカーブの坂を上がって花無山(はななしやま)トンネルを抜けるとダム。
 ここには昔、小沢村があり、岩村電気軌道の路面電車が通っていました。

 カヤックの出艇に南東側にあるパターゴルフ場の駐車場を利用する人が多いですが、
2007年9月22日に初めて訪ねたときは南西側の小沢山トンネルを抜けて左折、
分かれ道を直進した先にある駐車場を利用しました。
 緑色の点線は2007年に、黄色の点線は2008年と2011年に漕いだのときのものです。

阿木川ダム湖2
 緑丸で示した駐車場(石垣の上)はダムに近く、湖面までのスロープの長さも短めです。。
向こうに見える白い橋は「阿木川大橋」。奥の山には東濃牧場があります。

阿木川ダム湖3
 阿木川大橋を過ぎると進入禁止のブイがありますが、その手前に噴水。
 水芸のように見える位置で写真を撮ってみました。

阿木川ダム湖4
 観光案内所や直売所があるこぶし公園(浮島公園)に上陸。
 かつては秋葉神社があったと思われる小山に向かってジグザグの橋。
ダムの水位は状況により上下させるので、時期によっては水没します。
 直売所の奥にある別荘風のお店、五平餅が美味しいと評判の「のんきや五平」の
そばランチをいただきました。噂通りのおいしさでした。

カヤック | 12:04:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
紀伊長島、赤野島
紀伊長島 赤野島 map
 川を下ると、元の場所に戻るのが大変だったり面倒だったり。それなら海へ。ということで
2007年当時に三重県でカヤック遊びを紹介していた「鯖さん」や「ひたださん」のHPを参考に
東名阪道から伊勢道、紀勢道と走り、紀伊長島で降りて古里海水浴場へ。

紀伊長島 赤野島1
 8月25日でしたが、海水浴客は皆無。それならもう少し南の島勝浦がよかったかも。
 暑いのでターフを張ってカヤックを組立て、出艇。目的地は、すぐ近くの赤野島。

紀伊長島 赤野島2
 中ほどまできて熊野灘が見えるようになったころ、大量の小魚たちがジャンプ。
海中では大きな魚が小魚を追っていたのかも知れません。

紀伊長島 赤野島3
 左は赤野島の一番北側。洞の手前でウミネコがお出迎え。
 右側が赤野島のほぼ中央部にある、干潮時に現れる砂浜。今回はここが目的地。
 向こう側には小エキス島や大エキス島という奇岩が見えます。
 もう少し南に行くと、満潮時に通過できる洞窟があるのですが・・・、パス。

 一泊二日くらいでこの辺りを再訪したいものです。

カヤック | 10:16:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
長良川、藍川橋 → 河渡橋
 長良川を漕いだ、といっても藍川橋から千鳥橋ではあまりにも短いので、
経験者に頼んで、もう少し長い距離のツーリングを設定してもらいました。
長良川、藍川橋―河渡橋map
 後藤征夫という方がまとめられた「長良川の水運」に、昭和初期に
藍川橋付近の芥見・町屋で石船(川舟)の船頭をしていた方のお話があり、
川底が深くなる河渡(ごうど)付近で大船に載せ替えていたのだそうです。
 2007年6月に漕いだ当時は、そんなことは知りませんでした。

長良川、藍川橋―河渡橋1
 ① 藍川橋の河原でカヤックを組立てて出艇。芥見・町屋は対岸です。
 ② 2003年にできた鵜飼い大橋の向こう、山の上に岐阜城が見えるはず。
 ③ 長良大橋東側の河原で休憩。後方は志段公園のある百々ヶ峰。

長良川、藍川橋―河渡橋2
 ④ 忠節橋の東側。かつて名鉄岐阜市内線忠節支線が通っていた名残りの鉄橋です。
 ⑤ 伊自良川との合流点手前。丸いのはゴルフ練習場。向うに小さく、河渡橋が見える。

 漕行距離、約15km。自転車での回送はきのりんには難しく、車を2台使いました。

カヤック | 07:29:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ