FC2ブログ
ロウバイ
ロウバイ1
 庭のロウバイが1月の半ばに咲き始めましたが、
その後の寒さで、まだ開かないままのつぼみがたくさん残っています。
 背景の薄黄緑色のものは、フェンス沿いに植えてある矢竹です。

ロウバイ2
 まるで蝋細工のような光沢の花で、梅に似ている?ことから、漢字で「蝋梅」と書くようですが
梅の仲間ではなく、クスノキ目ロウバイ科なのだそうです。
 開花直前の花をヒヨドリが食べに来ることが多いのですが、今年はまだ大丈夫。

ロウバイ3
 この程度の開花で喜んでいたら、ロウバイが大量・満開状態のお宅が町内にありました。
土壌の栄養状態から違っているのかもしれません。

ロウバイ4
 夏になるとロウバイの実ができます。
楕円形のものは子房の殻で、この中に本当の実が数個入っています。
 春に発芽して花が咲くまで十年前後かかるらしいです。
気づかずに育っている幼木があるかもしれません。

歳時記(冬) | 19:15:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
ちょっと寒い日のジョウビタキ
 庭の梅の木にジョウビタキのオスが止まっていました。
ジョウビタキ1
 気温と湿度の関係か、もやがかかって、ちょっとイイ感じでした。
ジョウビタキ2

 別の日の、小幡緑地本園。緑ヶ池にいたメス。 寒そうでした。
ジョウビタキ3


歳時記(冬) | 07:34:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
冬芽と葉痕
落葉樹の冬芽が帽子に、葉が落ちた後の維管束の跡が顔に見えたりします。
冬芽1
・ ヤマザクラ(オオシマザクラ)    ・ ネジキ              ・ アジサイ

 点が三つあると顔を連想してしまうことを、「シミュラクラ現象」というのだそうです。
冬芽2
・ カキ                   ・ カキ               ・ ノリウツギ

冬芽4
・ ソメイヨシノ               ・ リョウブ             ・ ハリエンジュ

冬芽5
・ ユリノキ                 ・ プラタナス(鈴懸の木)    ・ センダン

小幡緑地で見られるものを追加していく予定です。

歳時記(冬) | 07:57:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
除夜の鐘の数え方
除夜の鐘1
 尾張四観音の一つ、松洞山大行院龍泉寺の鐘楼堂です。
1598年建造当時からあったと思われる鐘は大戦中の「金属類回収令」で供出されたので、
この鐘は昭和34年(1959)に寄進されたもの。「平和の鐘」と名付けられ、一突き拾円。
 鐘楼堂からの眺めがいいですが、崖の上なので高所恐怖症の方はNG。

 他の四観音さんの除夜の鐘の料金が気になって調べてみました。
・ 笠寺観音(天林山笠覆寺)
   一突き参百円。23:50から行列が途切れるまで。
・ 荒子観音(浄海山圓龍院観音寺)
   一突き五百円、お守り付き。23:45から制限なし。
・ 甚目寺観音(鳳凰山甚目寺)
   一突き百円。※新年1月1日0:00から02:00。
 この四寺は「煩悩限りなし」の立場なのかもしれません。
  ちなみに大須観音(北野山真福寺寶生院)では煩悩は108の立場(?)で、
   整理券12/18から配付108枚、壱千円福餅つき。※新年1月1日0:00から。

 除夜の鐘を付く回数を108回とする場合の数え方としては、大須観音などの
整理券方式以外に、お菓子などの物品を108個用意して無くなったら終了とか、
数字の札を一枚ずつめくる方式などがあるようです。

除夜の鐘2
 名古屋市守山区にある大森寺(だいしんじ)の鐘楼堂にある仕掛けについて、
史跡案内の大ベテラン二村さんに教えていただきました。
 種目から垂れ下がった綱の先が触れるところに算盤のような珠があります。
鐘を一回撞くごとに球を動かし、九つの珠が元に戻ると十八回。
 右側のぶら下がった珠で18回を何度したかを確かめ、5個+18回で108。
この仕掛けの正式名称は分かりません。

 年末年始でお寺さんに出かけられた折に、それぞれのお寺さんで行っている
除夜の鐘の数え方を確かめると面白いかもしれません。

歳時記(冬) | 07:54:05 | トラックバック(0) | コメント(2)
生玉稲荷の朝市
生玉稲荷の朝市1
 このところ守山区小幡にある生玉稲荷神社の年末朝市にでかけています。
今年は6時半過ぎから雪の降りかたが目立つようになってきました。
 右側は数年前の小雨模様の時で、空が暗く濃い青色でした。
生玉稲荷の朝市2

 雪の降り方が弱いうちに入り口側を撮ってみました。やはり雪が影響しているのか
右側の数年前の写真に比べると、店の数もお客さんの数もかなり少なめでした。

生玉稲荷の朝市の後の雪
 野田農場のお餅とお米を購入して家に戻ったら、雪が本格的に降り始めました。
昼頃まで降り続きましたが、路面に積もって凍るような温度でなかったのは幸いでした。
 ただ、次の寒波に備えて融雪剤の確認をしておきたいと思います。

歳時記(冬) | 17:45:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ