FC2ブログ
 
■プロフィール

kinorin10000u

Author:kinorin10000u
愛知県名古屋市守山区在住。
午年生まれです。
スタンプ・クイズラリーが好き。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ハニワ采女
巫女1
 2007年4月に自転車で春日井市の八田川沿いを走っていたら、「ふれあい緑道」に
ごく最近作られたと思われる形象埴輪が並んでいました。
 調べてみたら、春日井市では市民を対象に「ハニワ制作大会」を行っているとのこと。
名古屋市民だけれど申し込み、その年の8月から参加。お題は「杯を捧げ持つ女子」。
 見本の図と二子山公園の入り口に設置してある女性像の中間がねらい??

巫女4
 埴輪もどきだから「ハニワ」という表記するようです。なので安心してデフォルメできる?
 制作場所は春日井市中央公民館。土曜日の午後と日曜日の1日半(最大10時間)での制作。
下から積み上げていては間に合わないのでパーツごとに作って、後で合体させます。

巫女2
 できあがったものは中央公民館の中で2ヶ月くらいかけて乾燥させ、
10月下旬のハニワまつりのときに二子山公園内で野焼きをします。
 レンガで枠を作り、その中で焼成。最後はワラをかぶせ、トタン板で保温。

巫女3
 左側が中央公民館で作った時のもの。ミニ采女はおまけ。
 真ん中は野焼きの後に「ふれあい緑道」に設置されたもの。
ミニ采女は野焼きはしてもらえず、自宅で七輪で焼いたものを持参。
 右側は11年過ぎた2018年10月末に撮ったもの。まだ壊れずに残っていました。

当初、「巫女」と表記していましたが、食膳奉仕の「采女」としました。
かつて「女性型埴輪」=「巫女」という風潮がありましたが是正されてきました。
「馬引き(馬飼)埴輪」を「踊る埴輪」と誤解して呼ぶことはまだ残っているかも。

陶芸 | 06:53:41 | トラックバック(0) | コメント(0)