FC2ブログ
日蝕観測
 金環日蝕か皆既日蝕のときに投稿しようと思っていましたが、十年以上先の話なので
部分日蝕の今日、投稿します。
日食観測1
 2012年の金環日蝕と金星の太陽面通過を見るために作った観測装置(笑)です。
どちらも太陽に向いている方向に直径1m前後のピンホールを開けています。
 ピンホールからの距離が長いほど大きく見えますがピントが合わせにくくなります。

日食観測2
 左側の金環日蝕が二つ見えるのは、ピンホールが二つ開いていたから。
右側の金星の太陽面通過は、肉眼では金星が見えましたがカメラだと微妙。

 日食観測3
 金環日蝕前の部分日蝕の段階ですが、結局、薄雲越しに池の水面に映っていた状態が
一番、はっきり、くっきり見えていました。

 さて、2019年1月6日の部分日蝕では・・・
日食観測4
 クルマのリアスモークガラスやドアバイザー越しでは、肉眼では蝕が見えました。
 雲がほとんどなく、水たまりに映った太陽は「眩し過ぎて、見えなーい!」
 落葉にボールペンで穴を開けて、ノートに投影。小さ過ぎ。
日食観測5
 コンデジで撮った中では、太陽が濃い目の雲に隠れた時に食の様子が写りました。
次は12月26日に挑戦です。

未分類 | 08:00:06 | トラックバック(0) | コメント(0)