FC2ブログ
 
■プロフィール

kinorin10000u

Author:kinorin10000u
愛知県名古屋市守山区在住。
午年生まれです。
スタンプ・クイズラリーが好き。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

伊賀上野 晩秋
 守山陶芸クラブの研修旅行!で、三重県伊賀市を訪ねました。
まずは16連の登り窯がある長谷園(ながたにえん)。
伊賀 長谷園 登り窯1
 この登り窯は天保3(1832)年の創業時から昭和40年代まで仕様していたそうで、
現存している16連の窯は日本唯一だとか。国の登録有形文化財です。

伊賀 長谷園 登り窯2
 一緒に行った人によると、本当に16の小部屋が連なっていたそうです。
ちなみにここの陶土は400万年前、古琵琶湖の湖底に堆積したものだそうです。

伊賀 長谷園 大正館
 大正時代に建てられ長谷園の事務所として使われていた「大正館」。
これも登録有形文化財で、現在は喫茶室となっています。

伊賀 長谷園 母屋横
 長谷園の母屋前の庭。東屋に干してあった大根の白と緑が、
カエデや満天星つつじの赤と対比していました。

伊賀 上野城1
 次に訪ねたのは上野公園。筒井氏時代の石垣を見てから
模擬天守の「伊賀文化産業城」は通り過ぎてお堀の傍へ・・。
(藤堂高虎時代の天守は5層構造だったらしい)

伊賀 上野城2
 大阪城の石垣の高さ30mに次ぐ、29.7mの高石垣。特筆すべきはこの傾斜角。 
「とっぴんぱらりの風太郎」を読んでいたので、この石垣を見るのが楽しみでした。

伊賀 上野公園1
 さて、「奥の細道」の松尾芭蕉の生家が上野城の近くだったそうで、
上野公園の中には芭蕉翁記念館や俳聖殿がありました。
 左側の茶色い二階建てが俳聖殿で、赤鳥居の右側が忍者屋敷!(伊賀流忍者博物館)
隣接しているからと言って、芭蕉が忍者だったという証拠はありません。

伊賀 上野公園2
 天気があまりよくない中で、色づいてきれいに見えたカエデ。
時間があれば後方の赤鳥居とツーショットで撮りたかった。

おでかけ | 19:04:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する