FC2ブログ
 
■プロフィール

kinorin10000u

Author:kinorin10000u
愛知県名古屋市守山区在住。
午年生まれです。
スタンプ・クイズラリーが好き。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

マメナシの花 2019
 守山区内のマメナシ自生地というと御膳洞蛭池と小幡緑地本園が有名ですが、
その他の地区のマメナシも見てきました。花の咲く時期でないと分かりにくいです。

マメナシ2019-4
 今回は下志段味の風越池(8本)から南西へ向かい、国立病院機構東尾張病院(4本)へ。
その南西県有林近辺(7本)を経て小幡緑地東園で休憩(6本)。
 吉長南・北公園に生育しているのは高速道路工事の際の移植木のようです。

マメナシ2019-5
 雌しべ(柱頭)の数は2本から3本で、園芸種との交雑はしていない様子でした。
花粉の色も特徴的なエビ茶色なので、接近すればオオシマザクラと区別できます。
 定期的な保全作業はしていないため、実生や幼樹はほとんど見当たりませんでした。

マメナシ2019-1
 小幡緑地本園に戻って、守山スポーツセンター東側の「シンボルツリー」。

マメナシ2019-2
 こちらは竜巻池の北西角、舗装路の脇にあるマメナシです。

マメナシ2019-3
 緑ヶ池のえん堤にあるマメナシはソメイヨシノと競演していました。


小幡緑地界隈 | 11:28:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
ホタル放流会2019
 小幡緑地ホタルの里で、ゲンジボタルの幼虫とカワニナの放流会を行いました。
2019ホタル放流会2
 濾過砂利の中からホタルの幼虫とカワニナを選び出す作業が、けっこう人気です。
付き添いの大人は少し離れて見ていました・・・。

2019ホタル放流会1
 2月23日にはホタルの里に面した白沢川の本流で放流。
小さな子がカワニナを手づかみで投げていました。

2019ホタル放流会3
 3月23日には本流ではなく支流で放流。
幼虫は手で触ると体温差でやけど状態になるため、コップにいれて運び、ゆっくり放流しました。

 4月の中旬の小雨模様の夜、(えら呼吸のため湿気の多い日)
蛹になるために上陸してきます。だから土手周辺は立入禁止です。

 5月の下旬には羽化して飛翔すると思われます。そして、6月1日から9日まで
小幡緑地の駐車場の利用を午後9時30分まで延長して、ホタル観賞会を行います。

 ただし、土曜日の夜は大混雑するので、ガイドウェイバスの利用がお勧めです。

小幡緑地界隈 | 07:59:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
竜巻池のカワセミとハト
竜巻池のカワセミ2018-1
 最近、竜巻池で写真を撮っていた人の姿が見当たらなかった日、
定番の場所にカワセミがいました。
 離れた場所から撮ったのでトリミングをしようとしたら、端にハトがいました。

 カワセミとハトの動きがバラバラだったりシンクロしたりしていました。
竜巻池のカワセミとハト1
竜巻池のカワセミとハト2
竜巻池のカワセミとハト3


小幡緑地界隈 | 09:06:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
竜巻池のマガモと日暈
竜巻池マガモ
 季節が晩秋なのか初冬なのか微妙なところですが、
小幡緑地本園の竜巻池にマガモがやってきています。
 緑ヶ池ではお馴染みのホシハジロ、オナガガモ、ハシビロガモ、
オオバン、カワウ、そしてユリカモメ姿が見られます。

 守山自然ふれあいスクールのスタンプ2個押しの日、
守山自然ウォッチングの高谷さんに「日暈」の説明をしていただきました。
「にちうん」とも「ひがさ」とも読むようです。
日暈
 

小幡緑地界隈 | 09:02:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
小幡緑地の紅葉 2
 小幡緑地本園内で自然保護活動を行っている場所の一つ、
通称「ジャブ池」のカエデの紅葉も、そろそろ終わるころです。
小幡緑地 2018 11 24 1
 いつもだと東屋のベンチでネコが寝ころがっているのですが、
日陰は寒いためか、姿は見えませんでした。

小幡緑地 2018 11 24 2
 池や流れの淀んでいる場所の落葉・枯れ枝の除去と、立入制限の
ためのロープの張り直しを行いました。
 水底に貝が這いまわった跡がありますが、分かりますか?

小幡緑地界隈 | 08:10:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ